ヨガのアーサナの基本を押さえよう

アーサナ・・・ハタヨガにおいてのポーズを指す言葉。自然物から由来した物や動物の動きから由来した物等様々なポーズがある。
名前のほとんどがサンスクリット語だが、日本では翻訳された名前で呼ばれている事が多い。
例;ボルグサーシャナー(木のポーズ)

立位のポーズのお腹の使い方

立位のポーズは立ったまま行う一番ポピュラーなヨガのアーサナです。
主に重要になってくるのはお腹と膝の方向、あとは背中の使い方です。

お腹は常に薄く保ちましょう。簡単に言えば凹ます感覚です。これによって体幹の中心が作れます。
それに加えて膝の方向です。正確には爪先の方向も合わせる必要があります。
アーサナによって方向が変わりますが、アーサナごとに正しい方向に膝と爪先を向けないと上手くバランスが取れないのです。

あとは背中の使い方です。辛くなってくるとどうしても楽な方向に反ったり丸くしたりしてしまいますが、背中は上半身を支える重要な役割があります。

慣れるまでは肩を一回りさせて脇を下に引っ張るようなイメージでいるのが良いです。

座位のポーズの骨盤の安定

立位のポーズの後に出てくる事が多い座位のポーズです。
座ったままできるアーサナですが、楽な様で実は奥が深い内容です。
ヨガでは座っているスタイルも多く、瞑想等でも出てきます。
座位では基本的にはお尻を付けている事が多く、そのバランスの中心になるのは骨盤です。

直接床に着ける形になるのは座骨になります。お尻を押すと突起の様に出ている骨がそれです。
その座骨が足の代わりになっているようなイメージでグッと押して背中を伸ばします。

他に重要になってくる部分は立位と大きく変わりませんが、足を使えない分更に力が必要です。
特に腹筋を使ってお腹を薄くする力は、座ったまま足を動かす時に重要になってくるので、
トレーニングをするともっと座位が楽になってきます。

相当な種類があるヨガのアーサナですが、基本として重要なポイントは多くはありません。
しかしその基本がとても難しく、複雑なポーズになるほどその基本を押さえるのが大変になります。

なので練習が必要にはなりますが、ヨガの大前提の一つに無理をしないという考え方があります。
スポーツの様に鍛えていくイメージではなく、日常の動作の一つの様な感じで練習をしながら、動きを発展していく事が無理をせずアーサナが上手になるコツです。

焦らず少しづつできる様になる事が理想的な方法ですね。